11 | 2018/12 | 01

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

シルク

Author:シルク
更新頻度は微妙ですが、常に生きてはいます。



そしてチャー研にはまってます。

期間は割と長いです

Live video

●REC

電池がなくなりそうだ

ツイッター(本アカウント)

貼り付けはじめました

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
77032位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ゆとり世代
2193位
アクセスランキングを見る>>
上からくるぞ!

気をつけろ!

お客様の数

なんか増えてるだけでうれしい

ブロとも申請フォーム
このブログの記事関係

あれ?チャー研多くね?

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

思い出してしまった・・・

明日、テストがあるわけなんです。筆記ではなく、暗唱です。

思い出せば殆ど覚えてないや・・・今日は深夜までがんばって覚えることにします。



パソコンで打てば覚えるかな・・・打っておきます。暗唱は「春はあけぼの」です。
※資料を見て打っています。



春はあけぼの。やうやう白くなりゆく山端は、少しあかりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる。

夏は夜。月のころはさらなり、闇もなお、蛍の多く飛び違いたる。また、ただ一つ二つなど、ほのかに打ちひかりて
いくもをかし。雨など降るもをかし。

秋は夕暮。夕日のさして、山の端いと近うなりたるに、烏の寝どころへ行くとて、三つ四つ、二つ三つなど、
飛び急ぐさへあはれなり。まいて雁などの列ねたるが、いと小さく見ゆるは、いとをかし。
日入り果てて、風の音、虫の音など、はたいふべきにあらず。

冬はつとめて。雪の降りたるはいふべきにもあらず。霜のいと白きも、またさらでも、いと寒きに、火など急ぎおこして
炭もて渡るも、いとつきづきし。昼になりて、ぬるくゆるびもていけば、火桶の火も、白き灰がちになりてわろし。




これを覚えるって、難しいようで簡単に見えて難しいんですよね・・・
どうせ覚えられないんでしょうけど、やれるだけやってみます。

Comment

No title

リンク追加しといた

2011/01/17 | バクゼット[URL] | Edit

No title

俺もリンク追加しといた。
 
まぁ関係ないはなしなんだけどシルクのブログ→なんか違うサイトに行くと目がチカチカするwwww

2011/01/17 | Lemon[URL] | Edit

No title

>>バクゼット 様

それではこちらからも登録・・・と思っていたら
もう登録した後でした。    ( ・´ー・`)

>>Lemon 様

ありえないほどチカチカするようでしたら
背景を今後なんとかしておきます。

2011/01/17 | シルク[URL] | Edit

        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。